審美歯科

診療予約・お問合せ

079-285-4385

診療時間

9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木・日・祝日、土曜午後

駐車場完備(6台)

虫歯を綺麗に治したい ~審美修復による詰め物・被せもの~

歯が虫歯になってしまった場合、それ以上歯を悪くしないために、最小限の範囲で虫歯になった部分を削る必要があります。 初期の段階で虫歯を発見することができれば、小さな範囲の治療で済みますが、 重度に虫歯が進行してしまった場合は、大きな範囲を削る必要があります。

歯には自然治癒能力はありません。そのため、失ってしまった部分は人工の素材で補い、歯の見た目・機能を修復する 必要があります。 歯を修復する場合は、修復する箇所(前歯や奥歯)、修復する範囲などによって、 素材にもさまざまな選択肢があります。

審美歯科

当院では審美面・機能面に優れた素材を用いた「修復審美治療」を行っています。

歯を失ってしまった部分をキレイに修復することで、以前と変わらないすてきな笑顔を 取り戻していただきたいと願っております。

修復審美治療の素材

セラミックについて

治療にあたって最近では、金属の材料よりも、白い材料を希望される方が増えてきました。 治療に加えて、審美性にも適しているのが「セラミック」です。

セラミックの最大のメリットとして「天然の歯に最も近いこと」が挙げられます。 硬い陶質なので磨耗による減りが少なく、長く使用しても変色することがありません。

セラミッククラウン

大きな虫歯など詰め物の治療では難しい場合、クラウン(かぶせ物)で治療することがあります。

クラウンには、下記の種類があります。

  • 保険でできるプラスチック
  • 金属フレームにセラミックを吹き付けて強度を持たせたメタルボンド(自費治療)
  • 全てをセラミックで作ったオールセラミック(自費治療)

審美性も要求される前歯の大きな虫歯や、歯の色や形など修復・改善する時などにセラミッククラウンが適しています。

セラミックを用いたクラウンと保険のプラスチッククラウンとの違い
セラミック
  • 本物の歯に近い自然な美しさに仕上がる素材
  • 着色しにくく、美しさと自然さを治療後長く保つことができる
  • オールセラミックは、本物の歯と見間違うほど自然な仕上がりになる
プラスチック
  • 時間が経つにつれて汚れが付きやすい
  • そのため、治療内容自体の精度は同じでも、素材の違いが審美的な違いとなる

セラミックを用いたクラウンと保険のプラスチッククラウンとの違い また、以前に古い差し歯を金属で治療した場合に、月日が経つにつれ、ブラックマージンと呼ばれる、治療物と歯肉の間に黒っぽく変色する場合があります。
これは、金属の影響によるもので、特に前歯では目立ってしまいます。 そういった場合は、オールセラミックで治療を行うことで、ブラックマージンもなくなり、より美しく自然な仕上がりになります。

インレーとアンレー(詰め物)

虫歯の型をとり、制作した詰め物をインレー、アンレーといいます。

インレー

主に初期の虫歯で一部を削った後に詰める比較的小さな詰め物のことです。

材質は、金属やプラスチックなどがあり、材質により金額も変わります。

アンレー

臼歯部の噛み合わせ部分全体が虫歯になってしまった場合(虫歯が歯頸部に及んでいない時)につくる、歯を覆うように作った大きな詰め物のことです。

インレーとアンレー

インレー、アンレーの材料

保険の金属

安価で治療ができ、患者様にとって最も身近な虫歯治療の材料です。しかし、保険の金属は歯の硬さに比べて硬すぎるため、精度の高い治療を行っても、長期的に使用すると詰め物の周囲の歯質を傷めてしまうことがあります。

ゴールド(自費)

軟らかい金属なので、歯にピタリとフィットし、自然の歯と同様に摩耗をしてゆくため、奥歯の治療にたいへん優れた性質です。

セラミック(自費)

金属の材料に比べて、腐食やアレルギーの問題が起こりません。 治療後の歯の色が自然に仕上がり、変色しないので治療跡が目立ちません。

コンポジットレジン修復

小さい虫歯の治療や欠けた歯の修復について

小さな虫歯治療や欠けた歯を修復する場合、コンポジットレジン修復があります。 従来の治療法より歯を削る量が少なくて済み、治療の跡もわからない程の仕上がりが可能です。 「コンポジットレジン」とは、プラスチックのレジンとフィラー(ジルコニアやシリカ 等からなる充填剤)を混合した歯科治療用の材料です。

コンポジットレジン修復の特徴(メリット・デメリット)
メリット

通常一回の治療で済みます
コンポジットレジン修復はインレーなどと違い、型取りをせず直接歯に詰めたり、盛ったりします。 1度の通院で済む場合がほとんどです。

審美的な治療ができます 周囲の歯の色に合わせて白さを自在に調節できます。
見た目が自然に仕上がりますので、審美的な治療が可能です。

術後の痛みが少ない コンポジットレジン修復は削る量が少なく、接着材でしっかり封じます。
術後の痛みや知覚過敏が少なくなります。

修復・再治療が可能です 欠けたり、はがれたりしても修理可能です。 ほとんど削らずに治療できるため、再治療が必要になった場合でも歯への負担が小さくて済みます。

デメリット

一回の治療に時間がかかります
コンポジットレジン修復は色調整や成形をその場で行います。そのため、一回の治療時間が20~30分程度かかります。
見た目の自然さや強度のために何層にも分けて形成し、収縮防止や色みの調整などに繊細な技術を要します。

欠けたり、はがれたりすることがあります
コンポジットレジンは歯にぴたりと接着します。そのために水分が無い環境が望ましいのですが、口腔内は水分であふれています。
コンポジットレジンも時間が経つともろくなってしまい、欠けたり、はがれたりする可能性があります。
しかし、修復は可能です。ご安心ください。

新たな虫歯を防ぐために

治療が終了した段階で、治療が長持ちし、虫歯にならないようにすることを目的として、次のステップの「予防」がスタートします。

予防として挙げられるのは…

  • 毎日のセルフケア(ブラッシングや食習慣の改善)
  • 医院で受けていただく専門的なケア(定期検診)

せっかく治療した歯も治療する前と同じ環境に戻ってしまうと、必ず悪くなって しまいます。

虫歯を修復したところに溜まったプラークが原因になることもあるので、毎日のセルフケアはもちろん、定期的なケアを受けていただくことが大切です。

審美歯科の症例

審美歯科治療の症例写真を掲載しています。

審美歯科治療 症例その1

治療前の状態 治療中の状態 治療後の状態 治療後の状態

審美歯科治療 症例その2

治療前の状態 治療後の状態    
ページ上部へ戻る