虫歯治療

診療予約・お問合せ

079-285-4385

診療時間

9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木・日・祝日、土曜午後

駐車場完備(6台)

虫歯を繰り返さないために ~原因と治療方法~

歯科医院といえば虫歯治療を思い浮かべる方が多いと思います。実際虫歯が原因で来院される患者様が多くいらっしゃいます。

では、その虫歯の原因は何でしょうか。 虫歯は感染症で、プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が原因です。プラークとして歯にこびりついている虫歯菌が、食べ物の中に含まれる糖分を栄養として増殖して酸を出し、歯を溶かしていきます。これが虫歯です。 虫歯菌は虫歯の患部でも繁殖しますが、プラークとは違って歯磨きでとることは全く不可能です。

虫歯を進行させないためにも、早めに治療することが大切です。

虫歯を繰り返さないために

このような症状がある場合、虫歯の可能性があります

  • 歯がしみる
  • 歯の色が変色している
  • 被せ物と歯茎の境目が変色している

虫歯の進行と治療方法

虫歯の分類と治療方法

CO 経過観察を要する初期虫歯です
歯の表面にあるエナメル質が白濁した状態で、自覚症状はまったくありません。 歯を削る必要はなく、プラークを除去し、フッ素を塗ったり歯磨き指導を行ったりすることで、歯の再石灰化を促します。自然治癒が可能な段階です。
C1 歯の表面・エナメル質の虫歯です
C1 エナメル質に穴が開いた状態ですが、まだ痛みを感じることはありません。 多くのCOの時と同様に、プラークを取り、フッ素塗布や歯磨き指導を行って自然治癒を目指します。 ごく小さく歯を削ることもありますが、治療はほぼ一回で終了します。
C2 エナメル質の下にある象牙質にまで達した虫歯です
C2 まだ神経には達していないものの、冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れ始めます。痛みがあるため麻酔を使用し、虫歯部分を削り、虫歯が大きな場合は神経を守る薬剤を詰めます。
C3 歯の中心にある歯髄まで進行した虫歯です
C3 虫歯が進行し、神経まで感染して強い痛みを伴う状態です。歯の神経を取り除く必要があります。虫歯になった歯髄(歯の神経)を取り除き、神経が通っていた根管を広げ、消毒してから薬剤を詰めます。これを根管治療と言います。きちんと根管治療を行うことで、歯を残せる可能性がでてきます。
C4 歯の根だけが残っている状態の虫歯です
C4 歯の神経が死んでしまっている状態なので、痛みはありません。歯を残すことはほとんど不可能ですが、場合によってはC3の時のように根管治療を行うことができます。

子供の虫歯と大人の虫歯の違い

子供の虫歯の特徴
子供の歯「乳歯」は、永久歯に比べ、歯の表面のエナメル質と象牙質が薄いため、虫歯が進行しやすい傾向にあります。 また子供が歯磨きを行う場合は、奥歯や新しく生えた歯にまで歯ブラシが届かず、磨き残しが多くなり、虫歯になりやすくなっています。
大人の虫歯の特徴
大人の歯は歯周病の影響が大きく、歯茎が痩せてしまうため、歯の根元が虫歯になりやすい傾向にあります。歯の根元は、歯をコーティングして守る役割のあるエナメル質が薄く、虫歯が進行しやすい場所です。 治療済みの歯の下に虫歯ができてしまう二次う蝕の心配もありますので、大人も虫歯には十分に気を付ける必要があります。
ページ上部へ戻る