歯周病治療

診療予約・お問合せ

079-285-4385

診療時間

9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木・日・祝日、土曜午後

駐車場完備(6台)

お口の健康を保つために ~歯周病の原因と症状~

歯科医院は虫歯を治すところと思っていませんか?

しかし、歯周病治療も保険適応になる歯科の重要な治療です。

歯周病とは歯の周りの歯茎や骨がかかる病気の総称で、歯周病菌が原因で発生する感染症です。そのため歯周病治療には、歯周病菌を取り除く必要があります。

成人の約80パーセントが歯周病にかかっているといわれており、ほとんどの方は自覚症状のない状態です。進行してしまってから気づくことが多いのですが、手遅れの場合も少なくありません。歯を失う一番の原因なのです。

当院では虫歯・歯周病予防を推奨しております。詳しくは歯を守るための歯科予防をご覧ください。

このような症状がある場合、歯周病の可能性があります

  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯石が溜まっている
  • 歯磨きをすると出血する
  • 口の中がネバネバする
  • 歯が浮いた感じがする
  • 口臭がある
  • 歯茎が膿んでいる
  • 歯茎が下がって歯が長く見える

歯周病の進行と治療方法

歯肉炎
歯肉炎 歯周病の初期段階では、症状は歯茎にとどまっており、歯肉炎と呼ばれています。
まだ骨まで炎症は達していないので、歯肉が赤くなる、歯磨きをすると出血するなど、自覚症状が少ないのが特徴です。痛みはほとんどありません。
歯石がある場合はスケーリングを行い歯石除去しますが、基本はブラッシング指導により正しく歯を磨くことで、セルフケアすることが可能です。くわしくは予防歯科のページをご覧ください。
軽度歯周炎
軽度歯周炎 歯を支えている骨が溶けはじめた状態です。
歯茎の炎症は歯肉炎の段階とほぼ変わりはありませんが、骨が溶けはじめることで、歯と歯茎の間に歯周ポケットができます。歯周病菌は酸素を嫌うため、この歯周ポケットの中にどんどん進行してゆくことになります。
治療方法は歯肉炎の時と同様、スケーリングとブラッシングによるセルフケアになります。
中等度歯周炎
中等度歯周炎 歯を支えている骨が溶け、歯がグラグラと揺れるようになります。歯周ポケットも深くなり、ブラッシングだけでは歯周ポケットの中のプラーク(歯垢)がとることが不可能になります。
スケーリングを行って歯にこびりついた歯石やプラークを徹底的に取り除き、その後でルートプレーニングを行って歯の表面をツルツルに整えます。これらの治療によって歯が長くなったり、歯と歯茎の間に隙間が生じたりしますが、すぐに正常な状態に戻ります。
そして正しいブラッシングを指導することで、歯周病の再発を防ぎます。
重度歯周炎
重度歯周炎 歯茎が膿んで変色する、歯茎が後退して歯を支えている骨が露出する、など自覚症状も多く現れ、歯を支えている骨が多く溶けてしまい、最悪の場合、土台を失った歯は抜け落ちてしまいます。
ブラッシング指導、スケーリング、ルートプレーニングだけでなく、歯肉を切開して中の歯石やプラークを除去する歯周外科処置(フラップ手術)が必要になります。

歯周病が全身に与える影響

歯周病による症状はお口の中だけではなく、全身の病気や状態にも悪影響を及ぼします。

代表的な影響は以下の通りです。

糖尿病
歯周病は糖尿病の合併症の一つとされていますが、歯周病を治療することでインスリン抵抗性が改善することが明らかになっています。糖尿病と歯周病は互いに悪影響を与える病気であり、並行しての治療が大切といえます。
心臓疾患
歯周病菌が血管に入り込むと、身体中の血管で炎症を起こします。すると血栓(血の塊)ができ、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞などを引き起こすことがあります。
誤嚥性肺炎
歯周病菌を誤嚥(食べ物を誤って気管や肺へ飲み込んでしまうこと)してしまうことで、肺に歯周病菌が感染し、肺炎を引き起こすことがあります。
骨粗鬆症
骨粗鬆症とは骨の密度が減少し、骨折しやすくなる病気です。
歯周病は歯を支える骨を破壊する病気であり、歯周病と骨密度の減少は関係があると言われています。実際に骨粗鬆症の患者様は歯周病にかかりやすい傾向があります。
早産(低体重児出産)
歯周病にかかると働く免疫機能によって、サイトカインという物質が作り出されます。このサイトカインが血管から子宮まで流れることで、子宮を刺激し早産に至ると考えられています。歯周病である場合、そうでない場合に比べて早産になる可能性が5~8倍高くなると報告されています。
ページ上部へ戻る