ホワイトニング

診療予約・お問合せ

079-285-4385

診療時間

9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:木・日・祝日、土曜午後

駐車場完備(6台)

ホワイトニングで歯を白く ~仕組みと安全性~

「普段の歯磨きでは歯が白くならないのはどうしてだろう?」

そう疑問に思われたことはありませんか? 実は、歯についた食べ物の色素は時間が経つとタンパク基質と強く結合して歯の表面に沈着してしまいます。それがステインと呼ばれる汚れ(黄ばみ)になります。

ステインは歯の表面だけでなく、歯を覆うエナメル質のごく小さな穴にも浸透してしまいます。歯のごく表面についた汚れは歯磨きで落とせても、エナメル質に浸透した汚れは歯磨きだけでは落とせません。

ホワイトニングで歯を白く

歯の色を白くするホワイトニング(ブリーチングとも呼ばれます)はエナメル質に歯の漂白剤を浸透させ、ステインを分解することで、歯の色を白くすることができます。

ホワイトニングの方法は2通りに分かれます。それぞれ「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」です。2つの方法の特徴、進め方については、次項に説明がございます。ここでは、それぞれのホワイトニング方法で使う薬剤(ホワイトニング剤)の違いについての説明をしています。

ホワイトニング(ブリーチング)にはホームホワイトニングオフィスホワイトニングの2通りの方法があります。
患者様のご希望に沿った方法で歯を白くすることができます。

ホームホワイトニングで使用する薬剤について

  • 過酸化尿素を主成分としています
  • 過酸化尿素は酸化する過程(ホワイトニングの効果が出る過程)で過酸化水素へ変化します
  • 過酸化尿素は過酸化水素に比べ、酸化反応が緩やか(効果が緩やか)で時間を掛けて歯を白くするホームホワイトニングに適しています

オフィスホワイトニングで使用する薬剤について

  • 過酸化水素を主成分としています
  • オフィスホワイトニングに使用する過酸化水素はホームホワイトニングに比べ、プロが扱うため濃度が高いものを使用します

ホワイトニング剤にふくまれる過酸化水素は「オキシドール」や「オキシフル」と呼ばれる、医療現場やご家庭で一般的に消毒薬として 広く使われている薬品です。ホームホワイトニングは過酸化水素濃度が10%~21%のものを使用し、オフィスホワイトニングは濃度35%を使用します。

歯科医院でホワイトニングが始まって15年以上が経過していますが、ホワイトニングによって、 歯が溶けだしたり痛んだりするといった副作用はございません。 ホワイトニング(ブリーチング)は安全に歯を白くすることができます。

ホワイトニングの方法 ~2通りの方法で歯を白く~

ホワイトニング(ブリーチング)にはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2通りの方法があります。患者様のご希望に沿った方法で歯を白くすることができます。

ホームホワイトニングの特徴

  • ご自身の歯型に合わせたマウストレーを用いてご自宅でホワイトニングを行います
  • ホワイトニングの期間は2~4週間ほどです
  • オフィスホワイトニングに比べ、ホワイトニングの効果はゆっくりと表れます

ホームホワイトニングの進め方

  1. 医院で患者様の歯型を採り、その歯型をもとに 患者様専用のマウストレーを作成します
  2. ご自宅でマウストレーにホワイトニング剤を入れて、歯にセットします
  3. ホワイトニングの期間は2~4週間、セットする時間は毎日、6~8時間です

ホームホワイトニングで使用するホワイトニング剤は、オフィスホワイトニングにくらべ、薬剤の効き目がおだやかに調整されています。これは、薬剤を患者さまご自身で扱っていただくためと、歯ぐきのプロテクトなしでもホワイトニングが可能なためです。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べ、効果はゆるやかに表れます。歯科医院でホワイトニングの時間を取りにくい、お忙しい方におすすめしています。ご自宅で自由な時間にホワイトニングを進めていただけます。

オフィスホワイトニングの特徴

  • ホワイトニング終了までの、全ての行程を歯科医院で行います
  • ホワイトニングの効果が早く表れます
  • 歯の治療中などの場合に適しています

オフィスホワイトニングの進め方

  1. ホワイトニング剤が歯ぐきにつかないように、ゼリーで覆います。(ホームホワイトニングにくらべ、効果の強い薬剤を用いるためです)
  2. 次に、歯にホワイトニング剤を塗り、ライトを10分~12分ほど照射し、薬剤を活性化させステインを分解します
  3. 薬剤の活性効果は時間の経過で弱くなります。そこで、薬剤を取り除きふたたび新しく薬剤を塗りライトを照射します
  4. 上記の行程を数セット行います

オフィスホワイトニングは、ホワイトニングの効果が早く表れます。 1回のホワイトニングは1時間~2時間程で終わります。また、歯の治療と並行してホワイトニングをご希望される場合は、院内でコントールできる、オフィスホワイトニングをおすすめしています。

ホワイトニングのメインテナンスと定期健診

ホワイトニングの効果(歯の白さ)は処置が終了した時点で最も強く表れます。しかし、普段の食生活を送る中で再び歯に着色がおき、ホワイトニングを行う前の歯の色に少しずつ、戻ってしまいます。(再着色といいます)

そこで、定期的にホワイトニングとメインテナンス(PMTC)を行うことで、歯の色を白く保つことができます。歯の着色のしやすさにもよりますが、定期健診にお越しにいただきました際に再着色の度合に合わせて、年に1~3回のホワイトニングをおすすめしています。

ホワイトニングのメインテナンスと定期健診

さらに、歯の表面に付着したステイン、歯垢(プラーク)を除去するPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)も 歯を白く、健康に保つために有効なメインテナンスです。PMTCは歯の表面を覆うエナメル質を傷めずに、ステイン、プラークをきれいに取ることができます。(歯磨きで歯を強くこすってしまうと、エナメル質を痛めしまうことがあります)

また、ステインを取り除く、エナメル質はの負担が少ない歯科専売の歯磨き剤もあります。

患者様のご要望に沿った、最適なホワイトニングの計画をご提案します。お気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る